DR-1 古稀のお祝いへ返礼
(はがき)

*本文のピンクの部分を書き換えてください。
それ以外の部分を変更する場合は自由文扱いとなります。ご了承ください。

DR-1 古稀のお祝いへ返礼(はがきで作成)

※はがきの場合は、差出人住所や電話番号が入りレイアウトが変わります。

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます
このたび私の古希に際しましては ご丁重なるご祝詞ならびに結構なお祝いの品を賜り 誠に有難く厚く御礼申し上げます
大過なくこの年を迎えられましたのも ひとえに皆様方のご厚情の賜物と改めて感謝申し上げる次第でございます
つきましては ささやかではございますが 内祝いの品をお送り申し上げましたので ご受納いただければ幸いでございます
なお 今後とも一層のご厚誼を賜りますようお願い申し上げます
まずは略儀ながら書中にて御礼申し上げます       敬 具
平成○○年○○月 吉日

powered by HAIK 7.1.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK