a:366 t:2 y:2

『寒中見舞い』は、松の内明けの1月8日から大寒の最後の日である「節分」の2月3日までとなります。
立春(2月4日)からは暦の上で春になりますので、『余寒見舞い』となります。
『寒中見舞い』を『余寒見舞い』への変更は自由文とはなりませんので、立春以降となる予定の方は変更してお申込みください。

レイアウト見本をクリックすると大きくなります。

Nj-1 年賀状じまい(今年から)

年賀状のお礼に合わせて、今年より年賀状でのご挨拶を失礼させていただくことをお知らせする文章です。

Nj-1 年賀状じまい

Nj-1 年賀状じまい

Nj-2 年賀状じまい(来年から)

年賀状のお礼に合わせて、寄る年波を感じることから、来年より年始のご挨拶を失礼させていただくことをお知らせする文章です。

Nj-2 年賀状じまい

Nj-2 年賀状じまい

Nj-3 年賀状じまい(来年から)

高齢のため年賀状を書くことが難しくなってきたので、今年の年賀状を最後に年賀状をやめることのお知らせの文章です。

Nj-3 年賀状じまい

Nj-3 年賀状じまい

Nj-4 年賀状じまい(来年から)

年齢を入れ、高齢のため年賀状を書くことが難しくなってきたので、来年からは年賀状をやめ、電話等でやりとりをしたい旨のお知らせの文章です。

Nj-4 年賀状じまい

Nj-4 年賀状じまい

Nj-5 年賀状じまい(来年から)

時代の移り変わりを理由に、来年から年賀状をやめ、電話やメールなどでやりとりをしたい旨の文章です。
 

Nj-5 年賀状じまい

Nj-5 年賀状じまい

Nj-6 年賀状じまい(来年から)

来年より年賀状での年始のご挨拶を控えることのお知らせする文章です。これからの連絡手段の電話やメールなどを差出人にお入れください。

Nj-6 年賀状じまい

Nj-6 年賀状じまい